HOME 映画>『イン・ハー・シューズ』姉は弁護士、妹はセクシー

『イン・ハー・シューズ』姉は弁護士、妹はセクシー

イン・ハー・シューズ [DVD]イン・ハー・シューズ [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2008-10-16
売り上げランキング : 2842
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この前キャメロン・ディアスが出演している映画『ホリデイ』を観て(感想はコチラ)、そういえば同じくキャメロンが出演している『イン・ハー・シューズ』を観たかったのにまだ観ていなかったなぁと思って楽天レンタルのリストに入れておいたら、早速来ました。

夫はこういう映画は観ないので、平日の夜、夫が寝静まってから、私一人でヘッドホンして観ました。こういう時、サラウンドヘッドホン(レビュー)買って良かった〜って思います♪

『イン・ハー・シューズ』は、有能な弁護士だけどルックスにコンプレックスのある姉のローズ(トニ・コレット)と、学歴もなくて無職だけどルックスとスタイルには自信のある妹マギー(キャメロン・ディアス)の話。

二人は幼い頃に母を亡くしていて、今の意地の悪い義母とは上手くいっていない。実家を追い出されたマギーはローズの家に転がり込むのですが、家の中を散らかし放題のマギーにローズは苛立ちを募らせる。

ローズが出張に出掛けている間に、ローズの車を駐車禁止でレッカー移動されてしまったマギー。とうとうローズは、家を出て行くようマギーに言い渡します。

怒ったマギーは、ローズの同僚で恋人の男性に手を出してしまい、ローズとの仲は最悪の状態に・・・。

とにかく、キャメロン・ディアスが演じるマギーがひどい(;・∀・)

ローズが大事にしている靴を勝手に履いちゃうし、家の中は散らかしっぱなしで片付けないし。それにとうとう姉の恋人を誘惑してしまうし。しかも、好きだからではなく、姉に対する腹いせのため。

ローズの怒りが爆発してしまったのは当然でしょう。だって、帰宅したら寝室で自分の妹と恋人が・・・Σ(゚Д゚)

あれ、この映画ってもっとハートウォーミングな話だと思っていたのに、期待はずれ?と思いかけたら、最後の最後で涙してしまいました。

私にも姉がいるので、最後のマギーからローズへの言葉に思わずジーンときてしまったのです。

ちょっと軽い印象も受けましたが、最後が良かったので、満足しました☆

キャメロンはかわいかったけど、演技の面ではローズを演じたトニ・コレットと二人の祖母のエラを演じたシャーリー・マクレーンが良かったです。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 
2009.09.02 | 映画 | Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。