メレルのスニーカーなどナチュラムで買ったもの

我が家、というより夫がよく利用するオンラインショップ、ナチュラムで購入した商品が届きました。


これが今回ナチュラムで買ったものです。夫のスニーカーと釣具です。


MERRELL(メレル)のスニーカーMERRELL(メレル)リレーフォースiconです。カラーはネイビー/ホワイト、サイズは28.0cm。

靴は同じサイズでもメーカーによって微妙に大きさが違ったりしますが、以前紹介したように(⇒『アウトドアからタウンユースまで!MERRELL(メレル)のシューズ』)夫はメレルの靴を持っているので、自分に合うサイズが分かっていたみたいです。届いてから履いてみていましたが、丁度よかったようです。

レザーなので、ちょっぴり大人の雰囲気のスニーカーですし、サイド(外側のみ)のMがアクセントになっています。

現在ナチュラムでは7月30日まで大決算セール開催中で、色々な商品がお買い得になっています。このメレルのスニーカーは、定価より1万円以上安い5680円でした♪


これは私のリクエストで買ってくれたリトルオーシャン(LITTLE OCEAN)PEシザース付リトラクターicon。先のとがった物の収納に最適なリトラクターとスミス製PEシーザスのセットです。

釣りに行った時にラインを結び直したりする時、夫は歯でラインを切ったりするのですが、私はいつもハサミを使います。その都度バッグの中からハサミを取り出すのは面倒ですが、かと言ってハサミをそのままポケットに入れて歩くのは危ないし・・・。

そこで見つけたのが、リトルオーシャン(LITTLE OCEAN)のPEシザース付リトラクターです。ハサミにバネが付いていて簡単に収納できるようになっています。これならぶら下げて歩いてもいいから便利です。


これは、VICTORINOX(ビクトリノックス)クラシック パープルicon

既にブラックを持っているのですが、スモールブレード(小刃)やハサミ、ピンセット、つめやすり、つめそうじなどが付いていて何かと便利なので2個目としてパープルも買ったんだそうです。


海釣りに行く時に使おうと買ったのが、エアマーク(AirMark)タックルバックicon

海水からルアーを守るバッカンタイプのタックルボックスです。

他には特売になっていたワームやジグヘッド、snow peak(スノーピーク)のギガパワーガスなどを買いました。

アウトドア&フィッシング ナチュラム

潮干狩りでマテ貝・・・2回目!

4月に行った潮干狩りで初めて採ったマテ貝。マテ貝を採る・・・というか捕獲する、その面白さにすっかりハマって時間が経つのも忘れてマテ貝を採りました。そして先週末に2回目となる潮干狩りに行ってきました!狙いはもちろんマテ貝です。

マテ貝の採り方などについては前回の記事「潮干狩りでマテ貝を採ってきました!」に書きましたので、今回は簡単に。


到着したのは午後1時頃。前回に比べると人の数もまばらでした。「もうシーズン終わったのかなぁ?」などと夫と話しながらもマテ貝がいそうな場所を探して、しばしウロウロ。


前回私達は食塩をそのままマテ貝の巣穴に撒いていたのですが、見るからにマテ貝採りのベテランのようなおばさま達が、食塩水を作って、それを巣穴に注入するという方法をとっているを目にしたので今回はそれを真似することにして、道具も揃えました。


ところが、食塩水では刺激が少ないせいか、マテ貝の飛び出し方に勢いがありません・・・。食塩水を濃くしたりしてみたのですが、最終的には前回同様食塩を撒く方法に切り替えました。結局、私達夫婦の間では、直接食塩を撒く方がマテ貝の飛び出し方に勢いがあるという結論に達しました(笑)

しかし、今度はベテランらしきおじさんが「唐辛子のほうがいいなぁ。」と話している声が聞こえてきたので、次回(たぶん来年)は唐辛子も試してみようかなと思いました。でも、浜辺に唐辛子を撒いてもいいのかな(;・∀・)

マテ貝採りの面白いところは、アサリやハマグリのように掘って見つけるというのではなく、飛び出してきた所をタイミング良く捕まえるというところにあると思います。マテ貝が必死に潜ろうとするのを上手く引っ張り出す(ただ力まかせに引っ張るとマテ貝の身がちぎれてしまったりするのです。)、そのやり取りはちょっと釣りの感覚に似ていると思います(・∀・)


前回は二人で食べるにはたくさん採り過ぎてしまったので、今回の収穫はこれくらいにしておきました。

今回到着してしばらくはマテ貝の巣穴をなかなか見つけることが出来なくて、「やっぱりシーズン終わっちゃったのかな・・・」と思いましたが、親切なおじさんに「あっちの方がいると思うよ。」と教えられた場所に移動したら前回と同じくらい簡単にたくさんの巣穴を見つけることが出来ました☆

採ったマテ貝は前回同様、酒蒸しやにんにくバター炒めなどにして頂きました♪

土日連続バス釣り

私達夫婦のここ最近の週末の過ごし方は釣り。ダムでバス釣りです(*´∀`)

私は昨年などはバス釣りに行くこともなく、私の中のバス釣り熱はもう冷めたんだなぁ・・・などと思っていたのですが、今年になって久しぶりに夫と一緒にバス釣りに行ったところ、再びバス釣り熱が再燃してしまいました。三十路夫婦が何やってるんだかといった感じですが、楽しいんだからしょうがないですよね。

一昨日の土曜日は朝5時半に出発。6時ごろに某ダムに到着して釣りを始めました。なぜそんなに早起きしたのかというと、実は夫が4時過ぎに蚊が飛ぶ音で目が覚めてしまったらしく、しばらくはネットをして時間を潰していたようなのですが、それにつられて目が覚めてしまった私に「バス釣り行かない?」と言ってきたので、早朝スタートのバス釣りとなったのです。

眠かった私はあまり乗り気ではなかったのですが、最初にアタリが来たのは私。かなりの手応えと引きの強さから「これはいいサイズかも!」と隣にいる夫に自慢げに言いながら釣り上げたのは・・・。


いいサイズのギルでした(;・∀・)


しかし、その日(土曜日)は私に次から次へとヒットして。10時に釣りをやめるまでにバス14匹、ギル1匹の計15匹を釣ることが出来ました。自己新記録です☆

ちなみにリグはジグヘッドでした。

夫は土曜日はバス8匹でした。

しかし、夕方17時から開始した日曜の釣行では夫のノーシンカーリグが炸裂☆


18時まで1時間ほど釣ろうと軽い気持ちでスタートしたのに、夢中になって終了したのは19時過ぎ(笑)
それと言うのも終了間際に夫にこれまでで一番大きなサイズのバスがヒットしたため、二人とも俄然やる気が出てしまったからなのです。夫いわく軽く50アップはあったというそのバスは残念ながらバラシてしまいましたけど。でも、横で見てて大きいんだろうなというのは分かりました。なぜなら、夫が肩からかけていた釣り用バッグを投げ捨て、柵を乗り越えている必死な姿を見たから(笑)

結局夫は2時間で土曜と同じくバス8匹をゲット。ちなみに土曜に続いて日曜もジグヘッドで攻めた私はバス1匹だけで終わってしまいました。この日はノーシンカーが正解だったのかもしれません。

しばらくは夫婦でバス釣りという週末が続きそうです(・∀・)

田舎のため家の近くに大きな釣具屋などないので釣具は以前書いたように(「ナチュラムで買った釣具いろいろ」)ナチュラムでネットショッピングしています。

お買い得バスフィッシグ用品はコチラ!

アウトドア&フィッシング ナチュラム
タグ:釣り

潮干狩りでマテ貝を採ってきました!

最近の週末の過ごし方と言えば、釣り。バス釣り、海釣り・・・とにかく釣り、釣り。先週の週末も夫婦で海に行って来ました。ただし、今回の目的は釣りではなく、潮干狩りでした。

と言いつつも、潮干狩りに行く前にちゃっかり途中にあるダムでバス釣りしましたけど(笑)


海岸に到着。潮干狩りを楽しむ人の姿が多く見られました。

今回のお目当ては「マテ貝」。マテ貝は細長い形をした二枚貝で、その採り方がちょっと変わっているのです。その準備として、潮干狩りに来る前にホームセンターでスコップと塩を買いました。


スコップで砂浜を掘ると、小さな穴が見つかります。これが、マテ貝の巣穴です。


巣穴に塩をまいて、しばらく待ちます。


すると、マテ貝が巣穴からピョコンと姿を現します!


タイミングを計ってマテ貝を捕まえます。マテ貝は必死で巣穴に潜ろうと抵抗しますが、ここで無理やり引き抜こうとするとマテ貝の身がちぎれてしまうので、適度な力加減で引き抜きます。すると、上手い具合にスルッとマテ貝を引き抜くことが出来ます。
この時の、スルッと引き抜くことが出来た瞬間が楽しいんです♪何だか釣りの感覚に似てるねと夫と話していました。


かなりたくさん採れました。マテ貝を採るのは今回が初めてだったので、面白くてついついたくさん採ってしまいました(*´Д`)

家に持って帰って、塩水に浸けて砂抜きをして早速調理!


まずは一品目。グリルで焼いてマテ貝の殻がパカッと開いたら酒、醤油、みりんをあわせたタレをたらします。

初めてマテ貝を食べましたが、これがなかなか美味しい♪思ったよりクセはないし、弾力のある歯応えがいい。


二品目(左)は酒蒸し、三品目(右)はバター炒め。バター炒めは熱したフライパンにバターとにんにくのみじん切りを加え、そこにマテ貝を入れて塩こしょうで味付けをして最後に醤油をちょっぴりたらして出来上がり。レモンをしぼってかけるとさっぱりして美味しいです☆
夫はどうしてもビールが飲みたくなったようで、途中で買いに行っていました。アルコールが全くダメな私はコーラで。

マテ貝採りは面白いし、マテ貝は美味しいし、また近いうちにマテ貝採りに行こうと計画中です(・∀・)

春到来!昼はバス釣り、夜はメバル釣りへ

ここ最近は、春めいた暖かさを感じるようになってきました♪

そこで、先週、先々週と2週続けて某ダムへ夫婦二人でバス釣りに行ってきました。

と言っても、先々週は私が玄関に釣り道具の入ったバッグを置いたまま、ダムに到着するまで気付かないという大失敗をしてしまったため、あらかじめセットしていたジグヘッドとワームで釣ってそれを無くしたらおしまい・・・という短い釣行でした。

結局先々週はノーフィッシュに終わったため、先週はそのリベンジ釣行へ。もちろん、忘れ物はありません!天気も良く、ダムに到着した時にはバス釣りをする人の姿がちらほら見受けられました。

夫はネコリグ、私はジグヘッドにワームという仕掛けで早速釣りを開始しました。最初にヒットしたのは、夫。次も夫、その次も・・・(´;ω;`)

ネコリグを勧められましたが、意地になってそれを拒否した私はアタリすらなく、結果は夫4匹、私0匹というものでした。


夫が釣ったバス。どれも同じようなサイズでした。写真だと大きく見えますが、30あるかないかというくらいの小バスでした。決して負け惜しみではありません(笑)

先々週は昼のバス釣りがあまりに消化不良だったため、夜メバル釣りに行きました。バス釣りでは負けましたが、メバル釣りでは夫0匹に対して私はメバル1匹、クロソイ1匹を釣りました☆


偉そうに言いましたが、ものすごーく小さいメバルでした。

この時使用したのは「フィナ(FINA) メバル専用ジグヘッドまっすぐ FS200 1.25g#6icon」。ワームは同じくFINAのメバル専用ワームじゃこまろ。普通のジグヘッドにメバル用のワームをまっすぐセットするのは簡単なようで意外と難しい。不器用な私にとってこの「まっすぐ」はとても便利なジグヘッドなのです。

ジグヘッドの針の下に“まっすぐキーパー”というまっすぐな針があるので、そこにただワームを刺せば、まっすぐセットすることが出来るという優れものなのです(b´∀`)

アウトドア&フィッシング ナチュラム
タグ:釣り

家でも大活躍!アウトドア用品(1)スノーピークスタッキングマグ雪峰

そろそろ大人のキャンプにぴったりの季節になってきました。

我が家ではキャンプに行かなくてもアウトドア用品を家の中で使っています。

よく使っているものの一つがこのスノーピークのスタッキングマグ雪峰です。

なぜこの雪峰を選んだかというと、熱伝導率の低いチタンで出来ている上に二重構造なので熱い飲み物を注いでもカップが熱くなりにくく、保温性もあるからです。また、とても軽いのも嬉しいです♪


何よりもいいのは、取っ手が付いていないのでサイズ違いのカップを重ねる事が出来て収納に便利なところです。食器棚の中でも場所を取りません。
左がH450、右がH350です。

我が家では食後のコーヒーを飲むのに使っていますし、夫は職場に持って行って使っています。

カップにプリントされた「雪峰」の文字が渋くてとても気に入っています。

スノーピーク(snow peak)スタッキングマグ 雪峰 H450icon
スノーピーク(snow peak)スタッキングマグ 雪峰 H300icon

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。